アリス=紗良・オットは今日最もモダンなアーティストの一人である。毎シーズン異なるエキサイティングなプロジェクトでファンを魅了している。2015年3月、アイスランド人作曲家のオラーヴル・アルナルズとコラボレーションしたアルバム「ザ・ショパン・プロジェクト」をリリースし、イギリスの公式クラシック音楽チャート、また他25カ国のiTunesのチャートにおいて第一位となり成功に収めた。2016/2017シーズンでは、ドイツ・グラモフォンから8枚目となるCD「ワンダーランド」を全世界にて2016年9月に発売。今作は、エサ=ペッカ・サロネン率いるバイエルン放送交響楽団と録音したグリーグのピアノ協奏曲、そして同じくグリーグのピアノ曲集「抒情小曲集」より抜粋した楽曲を収録している。2016年の秋には、グリーグとリストの作品をフィーチャーしたアリスのワールド・リサイタル・ツアーが予定されており、2016年秋、東京オペラシティを含む日本全国での10公演を皮切りに、台湾、中国で2017年初頭にかけて公演予定。さらに、同プログラムで2017年春にはベルリン、ミュンヘン、オスロ、シュトゥットガルト、フランクフルト、デュッセルドルフを含む都市でヨーロッパツアーも行う予定。

アリスはこれまでに、ロリン・マゼール、パーヴォ・ヤルヴィ、ネーメ・ヤルヴィ、ジェームズ・ガフィガン、サカリ・オラモ、オスモ・ヴァンスカ、ヴァシリー・ペトレンコ、チョン・ミョンフン、ハンヌ・リントゥ、ロビン・ティチアーティなどの世界の名指揮者たちと、オーケストラでは、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー交響楽団、ロンドン交響楽団、ウィーン交響楽団などの世界の名門オーケストラと共演を重ねている。今シーズンでは、サンクトペテルブルグ・フィル(ユーリ・テミルカーノフ指揮)、ワシントン・ナショナル交響楽団(エド・デ・ワールト指揮)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団などとの共演、またフィルハーモニア管弦楽団(ヴラディミール・アシュケナージ指揮)と北ドイツ放送交響楽団(クシシュトフ・ウルバンスキ指揮)のツアーにも参加。

演奏以外では、アリスは今までに世界の色んなブランドと強力な関係を築いている。アリス自ら、ドイツの有名高級ブランド「JOST Bags」のバッグラインへのデザインも提供。アリスのデザインには、日本の折り紙や伝統的なものの要素を含み、さらにバッグの内側にはアリス本人の描いた絵がそのままモチーフとしてデザインされている。新アルバム「ワンダーランド」のプロモーションビデオにも彼女自身が作った折り紙を使用している。また、2016年の夏には、アリスがスケッチしてデザインしたLINEスタンプ ”And Here Comes Alice”がリリースされた。

2016/17 season only. Please contact HarrisonParrott if you wish to edit this biography.